金製品の種類とは?

金製品といっても、保管が簡単なものや資産保有に特化したものなど、さまざまです。 ここでは4つの金製品を紹介。ご希望にあったご購入をお手伝いします。 

金塊「インゴット」 

インゴットとは金を鋳型に流し込み成形したもの。金塊とも称されていて、資産として金に投資して保有する場合に多くイメージされるでしょう。 

しかし一般的にインゴットが購入できるのは1キログラムから。そのときの金相場価格にもよりますが、1キロあたり700万円以上(2021年6月相場の場合)と非常に高額であるために、金を購入してみようと思ってもかなりハードルが高い製品です。 

JUNGOLDの「BABYGOLD」では1グラムから購入が可能。これまでなかなか購入を踏み切れなかった方でも、身近に金を買い、持つことができます。 

BABYGOLDはこちら

ジュエリー 

資産価値を有しながら身につける喜びやファッション性を見出すことができるのが金のジュエリー。柔らかく高級のある輝きが特徴で、美しい光沢を楽しめるので、女性だけではなく男性にも人気です。 

純金(K24)ジュエリーは加工も難しく日本ではあまり出回っていません。加工しやすいように合金にしたK18やK10のジュエリーは光沢感が少し強まりますが、K24製品よりも手頃な価格で金ジュエリーを楽しむことができます。 

JUNGOLD Jewelryでは職人による特別な加工方法によりK24のジュエリーをご提供しています。肌に馴染む金本来の輝きをお楽しみください。 

JUNGOLD Jewelryはこちら

投資 

金投資には、積立や金ETF(上場投資信託)の2つがあります。

純金積み立ては少額から設定できる方式で、証券会社や銀行などで取り扱っています。設定額は取り扱い先によって異なりますが、月々3,000円から積み立てを開始できるところもあります。 

金ETFは上場への投資信託。日によって価格も変動するため、「投資」ならではの臨場感を楽しむことができます。積み立て同様、比較的少額から購入できますが、積み立てのように自動で購入されるものではありません。いつどのタイミングで購入をするのか、自分自身で判断し勧める必要があるので、はじめての方は事前によく調べて検討されることをお勧めします。 

どちらの方式の場合にも、現物を引き出すあるいは換える場合には手数料が発生することを知っておきましょう。 また、どちらの商品も自宅に金が届くわけではなく、目に見えないところに気づいたら積立されている、というものなので、目で見て楽しむことはできません。

JUNGOLDではベイビーゴールドを毎月決めた分だけ購入していく方法でのご提供も行っております。1つずつベイビーゴールドが増えていく姿をインテリアとして楽しんでいただけます。目で見ることで、純金の世界を体験することができます。※現在準備中です。