金を換金する

換金する店によって換金(売却)価格が変動

純金製品の換金を行う場合、持っていく店によって換金(売却)価格が異なります。選び方を間違えれば、せっかく資産のために購入したのにもかかわらず、換金により本来の金の資産価値を下げることもあり得ます。

正しい知識があれば、より高く換金し金を売ることができます。ポイントは3つあります。

換金で知っておくべき3つのポイント

自分のジュエリーの刻印や重さを確認すること

一つ目は換金する自分のジュエリーの刻印や重さを確認すること。金が本物であることが保証された製品の場合は金に刻印がされています。また、純金の割合を確認することもできるので、金の資産を推し量ることも可能です。そのほか金の買取業者はその金の重さを基に価格を算出します。計算式は以下の通りです。

買取相場レート×製品の重さ=換金(売却)価格

事前に自分で調べたうえで、行った先の店で提示された金額が上記の式で出たおおよその金額と乖離がある場合、別の店も併せて検討されることをお勧めします。

当日の金買取相場を確認すること

二つ目は当日の金買取相場を確認すること。先述した通り、換金価格は買取レートに比例して変動します。このレートは日によって異なりますが、近年は上昇傾向にあります。換金をする場合は買取レートを定期的にチェックし、一番価値の高まる日を狙って店に行くのも良いでしょう。同じ金製品でもK24とK18とでは価格が異なりますので、それぞれ事前に見当をつけておくことが大切です。

信頼できる店を見つけること

三つ目は相場通りに売却できる、または信頼できる店を見つけること。大切な資産だからこそ、ご自身で納得できる価格と対応をしてもらえる店を選ぶことが重要です。不安や不満がある中で「店を探すのが面倒だから…」という気持ちで換金を決めて、後で「もっと高く換金できたかもしれない」と後悔される方も少なくありません。店選びは慎重に行いましょう。

ちなみにJUNGOLDでも売却が可能です。お持ちのお品で何かお困りの方や、売却をご希望の方はぜひお問い合わせください。ご満足いただけるよう誠実に丁寧にご対応させていただきます。