金のシンボリズムとスピリチュアル的重要性⑤色

スピリチュアルとしての重要性

ここまで金の持つ物質的・精神的な価値を見てきたが、金の偉大なパワーはそれにとどまらない。金には「金色」という「色」を通して我々に与える、スピリチュアルなパワーもあるのである。

スピリチュアルの世界では、人体には「金の領域」とされている部分がある。それは臍から指2本分上で、更に指2本分奥に入った部分で、胡桃ぐらいの大きさであり、「インカーネショナルスター」と呼ばれている。そこにはその人が生まれて来た人生の目的、使命、資質、才能、本質が宿っているとされている。そしてそこは「風水」の「五行」(木・火・土・金・水)の中の、正に「金」が司る場所でもある。

このようにして、「金色」は「金」の色である上に、我々の体の最重要とも言える部分に属する色でもあるので、「金色」は金の持つ性質と同じ次のような重要性があるとされる。