金のシンボリズムとスピリチュアル的重要性⑥人の生き方

特別なもの、高級、豪華、豊かさ、才能、成功、自信、意欲

スピリチュアルでの「金」の意味を、「インカーネショナルスター」を携える「人」の生き方や性格に当てはめると、次のような人物像が浮かび上がって来る。

威厳がある、指導者、金銭的に豊かな人(リッチ)、心が豊かな人、人助けをする余裕がある、満足している、幸せを感じている

スピリチュアルの世界では、生き方や性格は色からも作られるとする。それを証明するかのように、スイスの心理学者マックス・リュッシャーによれば、好きな色にはその人の願望が現れるという。つまり「好きな色=なりたい自分」なのである。そうであるから、身に着ける色を選ぶことで、自分の深層心理に影響を与え、自分の性格や生き方を変えることが可能である。つまり「なりたい自分」になることができるのである。従って金のアクセサリーや、「金色」を使ったものを身に着けると、次のような心理的効果が期待できることになる。

気持ちが豊かになるので、エネルギーが増幅され、心身が癒される。

意欲的な気持ちになる。理想や夢へまっすぐ進むことができる。

安心感が高まり、ポジティブに生きることができるようになる。

成功への希望や確信が増大する、高い理想を掲げることができる。

人の上に立つ、指導者になることができる。

自分のお金を使って人を助けたり、知恵を人に与える師になる。

心の豊かな人として、まわりに夢を与え包み込む。

私達の身の回りにあふれている様々な色は、それぞれにパワーを持っている。色は私達の「心理」に働きかけ、私達の「感情作用」に大きな影響を与えているのである。それは私達が経験し記憶したことをイメージする何かと、それらに関連する色とを「結びつけて連想している」からである。従って上記の「金色が持つスピリチュアルな意味」を認識し、それを上手に使うことによって、我々の心理・感情に対して、「金」の特性に相当するような効果を与える事ができるのである。