金のシンボリズムとスピリチュアル的重要性①金の価値

金の価値 金はいつの時代にも、またいかなる文化においても、その魅力で人々を虜にして来た。 金にはたくさんの魅力があるが、そのうちの一番大きなもののひとつに、「価値の普遍性」がある。株、債券、そして通貨は「ペーパー資産」と…

Read More

金を保有する意味「換金性」

金は、化学的に非常に安定した性質を持つ物質であり、鉄のように腐食したり変色したりするなど劣化しづらい金属です。また、金は古くから価値があるものとして扱われてきた信用力があり、さらに採掘量が限られているため、高い希少性を持…

Read More

なぜ、金に資産価値があるのか「限りある資源」

金には、安全資産というイメージがあり、経済危機や戦況悪化などの際に「有事の金」といって資産を金に移す行動が見られるほど、金の資産価値としての信頼の高さがうかがえます。 人類がこれまでの歴史で採掘してきたといわれる金の総量…

Read More

インフレに強い金「金価格は変動するからこそ強い」

金は、インフレによる影響を受けにくい資産といわれています。インフレには、需給バランスが崩れ急激に需要が増えて起こるインフレ、原油高などの生産コスト増によるインフレ、貨幣流通量の増加によるインフレの3種類があります。 今後…

Read More

今後の金相場予想2021

経済危機に強い金 2000年以降、1000円台だった金相場は、20年で約7倍の7000円台まで上昇しました。採掘コストの上昇による金価格の上昇や、2008年のリーマンショック時に世界的な金融不況になったにもかかわらず、金…

Read More

体験談 月日を経て資産価値を増す「金」

20年前に購入したインゴットが7倍の700万円に(50代後半、男性) 30代のときに資産として金のインゴットを購入しました。その時の購入価格は100万円ほど。当時の私にとって安い金額ではありませんでしたが、金融危機や地価…

Read More

世界における金の現状について(2021年度版)

金の保有量ランキング上位5位 ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)の報告によれば、2019年時点で1位は米国で8,134トン、次いでドイツ、イタリア、フランスという結果になっている。中国は第6位ですが、金の産出量は世…

Read More

金を換金する

換金する店によって換金(売却)価格が変動 純金製品の換金を行う場合、持っていく店によって換金(売却)価格が異なります。選び方を間違えれば、せっかく資産のために購入したのにもかかわらず、換金により本来の金の資産価値を下げる…

Read More

2020年8月金価格は史上最高値を記録

2020年8月7日に開示された金相場(小売販売価格)で7,769円という史上最高額を記録。20年前と比較して、約7倍となる結果となり、世界的なニュースになりました。 金価格の高騰した背景として新型コロナの感染拡大や世界情…

Read More

金の歴史と現代における資産価値

時代を超えて人々を魅了してきた「金(ゴールド)」  「金(ゴールド)」は紀元前から今にわたって人々を魅了してきました。起源は紀元前6,000年、世界最古の文明であると言われているメソポタミア文明時代の「シュメー…

Read More

金製品の種類とは?

金製品といっても、保管が簡単なものや資産保有に特化したものなど、さまざまです。 ここでは4つの金製品を紹介。ご希望にあったご購入をお手伝いします。  金塊「インゴット」  インゴットとは金を…

Read More

サステナブルゴールド

限りある資源である金を受け継いでいく 金は古くから形をかえながら私たちの生活になくてはならないものとして存在してきました。もしかしたら、クレオパトラが身に着けていた金が、いま自分の手元にあるジュエリーに形をかえて存在して…

Read More